今が稼ぐチャンス⁉21LIVEの評判や報酬などの収益化について詳しく解説!

マネーを稼ぐ
この記事は約10分で読めます。

皆さんは「21LIVE」(ニーイチライブ)というライブ配信サービスをご存じでしょうか?

コスプレイヤー兼YouTubeでも活躍しているえなこさんがオープニング・アンバサダーを務めています。

「21LIVE」と聞いて、大抵の人は「なにそれ?」「17Liveなら聞いたことあるけど。。。?」など知らない人がまだ多いはずです。

それもそのはず、この「21LIVE」というのは今年2021年7月21日にグランド・オープンしたばかりの

出来立てホヤホヤの最新ライブ配信サービスです。

今回はこの「21ライブ」の評判、特徴、収益面、「17Live」との関係性など詳しくまとめていきたいと思います!

配信者への還元率驚異の70%キャンペーン実施中!

21LIVEとは?基本情報まとめ

(引用:https://21.live/)

サービス名21LIVE
サービス開始日2021年7月
運営会社 「株式会社エムアンドティーティー」
年齢制限6歳から利用可能
白玉ちゃん
白玉ちゃん

21ライブって何?

21LIVE(公式サイト)というのは、スマホ一つでいつでもどこでもライブ配信をできるサービスです。

「17Live」をご存じの方はそれを思えばわかると思いますが、いわゆる「21Live」というのは、サービスに登録した人がライブ配信及び視聴できるサービスです。

白玉ちゃん
白玉ちゃん

YouTubeのライブ配信的な感じかな…?

主に女性向けに作られているサービスなので、スマホ一つでパパッと簡単にできるなどシンプルでライブ特化なので編集作業など面倒なことがなくてYouTubeよりも簡単です。

「21Live」に登録した人は、当然ライブ配信するなどの配信者になれますし、配信を一切行わず見る専門の人でもOKです。

大抵、女性が配信する側、男性が見る側みたいなのが多いですよね。

勿論、男性で配信して人気者を目指す人も多いです。

利用料金は無料?

「21LIVE」は完全無料で配信できたり、視聴できたりできます。

登録費用も無料なのでお金は一切かかりません。

ライバーなどに投げ銭することができる有料課金機能などが一部あるくらいです。

配信ジャンルは何でも良い?

ジャンルは基本的に何でもよいみたいです。

「雑談、音楽、ダンス、料理、ゲーム、コスプレ、スポーツ…」などなど常識の範囲内でなんでも好きなことをライブ配信できるそうです。

※唯一だめなジャンルは、アダルト系など過度な露出、卑猥な行為や暴力行為などです。

まあ、当然このジャンルはどこの配信サービスでもだめですよね。

なので、常識の範囲内ならジャンルに制限はないみたいです。

会員数は?

会員数は現在の所、発表されていないみたいなので不明です。

ですが、とある会員の方がフォローしている人数が2万人を超えていたので、少なくとも万単位は余裕で超えている感じですね。

恐らく10万人以内でしょうかね。

運営会社はどこ?

「21Live」を運営している会社は、「株式会社エムアンドティーティー」という会社です。

所在地は、「沖縄県中頭群北谷町美浜51-1 MAKAI Resort Chatan 2F」にあるそうで、代表取締役は井藤三知子さんという女性の方みたいです。

この会社は、システム開発、WEBデザイン、SEOマーケティング、コンシェルジュデスクなどの事業を展開するIT企業であり、

顧客満足度向上、ユーザー利便性向上にこだわり続けているストイックな会社みたいです!

アプリはあるの?

その他配信アプリの17LIVEやポコチャなどはアプリがありますが、21LIVEは現段階でスマホアプリはありません。

なので、アプリではなく、ネットでログインして使う感じですね。

ちなみにスマホ推奨でPC(パソコン)からは21LIVEを使用することはできないのでご注意を!

「17Live」と「21Live」の違いはなに?

「17LIVE(イチナナライブ)」と「21LIVE(ニーイチライブ)」とても名前が似ていて「同じ運営会社?」と思う人は多いかもしれません。

ですが、結論から言うと全く関係なく別会社です。

「17LIVE」を運営している会社は、「株式会社 17 Media Japan」という会社ですが、

本社は台湾の「M17 Entertainment」という会社であるなど 「株式会社 17 Media Japan」 は子会社であるなど、「17LIVE」は外国のサービスです。

「21LIVE」は先程説明した 「株式会社エムアンドティーティー」 という日本企業でありますから、

完全に「イチナナ」を意識している名前やサービスですが、全く別物となります。

「21LIVE」は「17LIVE」の日本版(国産)と思えば良いですね。

「21LIVE」の口コミ評判は?

まだ「21LIVE」はサービスが開始されてたった一か月しか経っておらず、口コミなどネットで呟いている人も少ないので正確な評判は現状分かりません。

配信をしているライバーが少ないので、「21LIVE」の認知度が高まってライバーやリスナーがある程度増えてから評判を更新していきたいと思います!

「21Live」収益化について

21LIVE の収益化について解説していきます。

収益化条件

「21LIVE」は一定の条件を満たせれば収益化することができるなど、収入になります。

主な条件は以下になります。

  1. 満6歳以上であること
  2. 18歳未満は親などの保護者の同意及び名前の入力が必須
  3. 銀行口座の登録が必須
  4. 累計収益額が10500円以上で初めて振り込まれる

LIVEで得た収入は、当然銀行振り込みなので、銀行口座を登録する必要があります。

また、その収入は運営が決めている基準額の10500円を超えないと振り込まれません。

17Liveも振り込み最低額は1万円みたいなので、業界内で高いというわけでもなく至って普通ですね。

17LIVEとかではライバー事務所とかあって時給で雇われますが、21LIVEはまだなさそうですね。

収益化方法

購入額・報酬額報酬計算
リスナーのギフト購入額獲得コイン×0.5(1コイン)
ライバーが貰える報酬額リスナーの購入額の35%

ギフトとは、投げ銭のことでリスナー(視聴者)から配信者のもとにギフトが送られたら、そのギフトの購入金額の35%がライバー(配信者)の懐に入るということです。

また、12月1日からは、ライバー応援企画として、驚異の還元率70%という業界最高クラスの大奮発企画を開始するらしいので、還元率が高い今が稼ぎ時かもしれません!

21LIVEは日払いが可能なので、稼いですぐ振り込むことが可能なので良いですよね。

「21LIVE」の特徴などメリット

「21LIVE」の特徴などメリットは以下となります。

  1. 業界初の収入の日払いが可能
  2. キャンペーンが豊富
  3. サポート面が充実している

業界初の収入の日払いが可能

財布に優しい日払い機能が「21LIVE」にはあります。

他のライブ配信サービス「17Live」であれば末日締めの翌々15日払い、「Pococha」であれば末日締め翌月の最終営業日であるなど、

最低でも「17Live」は45日、「 Pococha 」は26日前後待たないといけません。

しかし、「21LIVE」は申請した日の最短翌々銀行営業日(2営業日)報酬が振り込まれます。

月曜日に申請すれば水曜日には振り込まれているということで、大変助かりますよね!

白玉ちゃん
白玉ちゃん

バイトでも仕事でも月一振り込みが世の中普通だから、日払いは凄い嬉しいんだよね~

キャンペーンが豊富

21LIVEでは多くのキャンペーンをやっています。

例えば、ライブ配信をして一定の条件を満たすとAmazonギフト券が3000円必ず貰えるというお得なキャンペーンを現在開催中です。

まだ、観る専門の人が多い印象なので、配信者を増加させたいのでしょうから、この貰えるキャンペーンの機会だけ配信してみても良いかもしれませんね(笑)

また他にもハートを送ればコインが貰えるイベントや女性限定で配信すると針ファンデという人気コスメ(ネットで調べると数千円程するみたいです)が貰えるキャンペーンも現在開催しています。

利用者が少ない現在の内はこういう大盤振る舞いなキャンペーンが続きそうでチャンスかもしれませんね!

サポート面が充実していて安心安全

「21LIVE」では運営のサポート面が充実しており、24時間体制で運営が管理しているので、安心感があります。

なので、深夜に何かトラブルに巻き込まれたりしたとしてもすぐに問い合わせができ対応してもらえるのでとても安心です。

21LIVEの安全性について以下で解説しているので気になる方はご覧ください。

「21Live」は稼げるのか?

まだサービス開始して約4か月しかたっていないので、利用者もまだまだ大手配信サービスに比べると少ないですから現段階ではそんなに稼げないでしょう。

ですが、このライブ配信業界は益々需要が高まるなど、今まさに伸びていっているジャンルです。

なので、今後「21LIVE」の知名度が上がり配信者・視聴者などの利用者が増えいけば稼げる確率はどんどん上がるでしょう。

まあ一番はその人の実力次第ではありますが、参入時期というのも重要ですからね。

例えばYouTubeで例えると、ヒカキンさん、はじめしゃちょーさん、その他諸々の大物YouTuberは最低でも数年前に参入している人が多いです。

あまりYouTubeが注目されていない頃から取り組んでいた人が多く、現在それなりの地位にいる人のほとんどは古株です。

仮想通貨などのビジネスにおいても世間に多く知れ渡っている頃には稼げないのがほとんどなど、人より少しでも早く始めるだけで大きく運命が変わります。

なので、この「21LIVE」もこの認知度が低い今が参入のチャンスである可能性は非常に高いのかもしれません。

他の「17Live」や「pokocha」などはもう有名すぎるのでパイがほぼ埋まっていますから、相当人を引き付ける何かがないときついですからね。

仮に人気ライバーになれなくても、無料なので金銭面で損することはないので、気になるなら一度試してみることをお勧めします!

登録は3分ほどで簡単に終わりますが、詳しい登録方法を知りたい方は以下で解説しています。

今日のおわりに

今回は、新ライブ配信サービス「21LIVE」について詳しくまとめました。

ただの娯楽目的なら良いですが、ライバーなどになって人気者になりたい人、お金をを稼ぎたい人などはいち早く参入することが鉄則ですよね。

YouTubeだってこんな市場が拡大し、YouTuberというのが世間に浸透できると分かっていたら大抵の人がやっていますよね。

ビジネスでは先を見据える力が必要ですからそれを鍛えるには失敗してもめげずに何事も挑戦していかなければなりませんよね!

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

業界最高水準!ギフト還元率70%キャンペーン実施中!

コメント

タイトルとURLをコピーしました