スポンサーリンク

禁断ボーイズの現在!VALU炎上で何故禁断だけオワコン化し失速してしまったのか

YouTuber
この記事は約5分で読めます。

今から4,5年ほど前YouTuberヒカルさん、ラファエルさん、怪盗ピンキーさんと共にNEXTStageというユニットを立ち上げYouTube界を盛り上げていた禁断ボーイズさん。

当時、勢いのあった4グループが集まって結成されたユニットであり、度々、ヒカキンさん率いるUUUM勢に喧嘩を売るなどしていました。

そんなNEXTStageは2017年8月のVALU騒動をきっかけに解散しました。

禁断ボーイズはこの影響で完全にオワコン化となり今や過去の人という位置づけになっています。

しかし、ヒカルさんとラファエルさんはテレビに取り上げたり、芸能人と絡んだり再生数も取れているなど、当時より影響力が増しています。

では、何故禁断ボーイズだけオワコン化してしまったのかその理由についてまとめていきます。

重大発表。これからも禁断ボーイズをよろしくお願いします。

禁断ボーイズだけオワコン化してしまった理由

主に以下の理由が挙げられます。

  1. 復帰が遅すぎた
  2. 人生経験値の差
  3. 動画更新頻度が少ない
  4. 持ち味の過激ネタ封印

復帰が遅すぎた

炎上騒動の約2か月半後の11月に禁断ボーイズ、ラファエル、ヒカルの3人は復帰しました。

ラファエルさんとヒカルさんはそこからすぐに平常運転で動画を炎上前みたく出しまくったのですが、禁断ボーイズは一本出して暫く出さず。

評価欄やコメント欄封鎖など年内解散説も出ていました。

ヒカル・ラファエルとは違い4人組のグループであるので各メンバーの色々な思いがぶつかりあって色々と遅れたのでしょう。

しかし、YouTube界では次々新たな人材が出てくるので話題となっているうちに動画をバンバン投稿するべきであったと思います。

人生経験値の差

ヒカルさんは、工場勤務→会社の営業→ネットビジネス起業など多くの社会経験値があります。

ラファエルさんも同様、自衛隊から営業マンなど苦難の道のりを歩んできました。

しかし、禁断ボーイズさんは、近畿大学在学中に結成された学生YouTuberであり、社会人経験はないです。

YouTubeというのはビジネスであるため、学生YouTuberなどは税金のことなども知らない人も多いなどそれで破滅するYouTuberも多いです。

要はそういう金融リテラシー含め人生経験値がヒカル・ラファエルさん2人と比較して著しく低かったため、どう対処して良いか分からず失敗したのでしょう。

2人は修羅場も多く潜っていますからこういう時どう動くのが適切か判断できたのでしょうね。

動画更新頻度が少ない

禁断ボーイズさんは炎上してからモチベーションが下がり動画をほとんど上げなかったり不定期投稿するようになりました。

それじゃだめだと思い、2019の夏は再起を宣言し、ヒカルさんとラファエルさんとコラボしまくるも勢いを取り戻せず、更新頻度が下がる始末。。。

炎上しても楽しみに待ってくれているファンもいるのにお知らせもせず時々投稿するという行為にファンも次第に離れていったのでしょう。

持ち味の過激ネタ封印

禁断ボーイズは、「知らないヤンキーにドロップキックしてみた」「街中でスクール水着を着て信号無視を注意してみた」といった身体を張った過激ネタで人気の出たYouTuberでした。

知らないヤンキーにドロップキックしたら喧嘩寸前になった。

しかし、炎上してからはそういう過激ネタは封印するなどやらなくなりました。

そういった過激ネタを禁断ボーイズに求めている視聴者が多かったため、動画の方向性が大きく変わってしまい興味が薄れて視聴者が離れたのでしょう。

禁断ボーイズに対する最近のネットの声

禁断ボーイズ懐かしいw

最近全く見かけないけどw

登録者数に対して視聴数ひどいなw

久しぶりに見たけどなんでこんな再生回数少ないんですか?

なんか昔と変わってしまった

3年ぶりくらいに観た

多くの人が「懐かしい」と言ったりなど過去に一世を風靡したグループ扱いです。

現在、登録者数は約186万人いますが、日に日に減少しています。

平均再生回数は10万以下がほとんどであるなど、初見の人が観たら登録者数と再生回数の差に疑問を持ちますよね。

今日のおわりに

今回は、かつて勢いのあったYouTuberであった禁断ボーイズさんについてまとめましたがいかがだったでしょうか?

VALUで炎上したのも大きかったですが、過激系YouTuberでしたので、どちみち寿命は短かったのかもしれません。

ラファエルさんも過激系ではありましたが、banされてからうまくシフトチェンジしましたね。

なので、戦略立てればできないこともないんでしょうが、グループ系だときついのかもしれないですね。

いずれにせよ、またヒカルさん、ラファエルさんと肩並べられるくらい復活して欲しいですね!

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

他の記事も読んでいただけたら嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました