スポンサーリンク

面白いコメディドラマ「鬼嫁日記」を紹介!原作は一般人のブログ?

ドラマ・映画
この記事は約8分で読めます。

2005年に放送されたドラマ「鬼嫁日記」。

主演は、観月ありささん。準主役はお笑い芸人「ガレッジセール」でゴリエでもお馴染みのゴリさん。

16年前のドラマですが、とても面白いドラマであるのであらすじなどどういったドラマなのかを端的に紹介していきたいと思います!

「鬼嫁日記」の基本情報

「鬼嫁日記」についての基本の情報についてまとめていきます。

キャスト

レギュラーキャスト
・観月ありさ
・ゴリ
・遠藤由実
・永井大
・東幹久
・滝沢沙織
・井上和香
・小池徹平
             

レギュラー陣は今でも活躍している観月ありささん筆頭に有名な方ばかりです。

原作はブログ?

「鬼嫁日記」の原作は、ネットのとある一般人のブログです。

鬼嫁に虐げられる夫が日々のストレスの捌け口として綴ったブログがネットで話題となり、「実録鬼嫁日記」として書籍化。

これが十万部のベストセラーとなり、それに目をつけた関西テレビがドラマ化を企画制作したのが流れとなります。

「鬼嫁日記」のあらすじ

あらすじ
山崎早苗(観月ありさ)は傍若無人で、自分勝手な鬼嫁的存在だ。
早苗の夫で文房具メーカーに勤める恐妻家の一馬(ゴリ)は毎日、早苗のわがままに振り回されていた。
お人好しで気弱な一馬だが、早苗の鬼嫁ぶりに耐え切れなくなるなか、さらに近所付き合いでもトラブルが起きる。

ざっくり説明すると、観月ありささん演じる自分勝手な鬼嫁である山崎早苗にゴリさん演じる一馬は毎日振り回されます。

そんな一馬の唯一の息抜きは、こっそりネットで鬼嫁の実態などを自身のブログに綴って鬱憤を晴らすこと。

早苗は、ネットで夫が自身のことを「鬼嫁」とバカにしているのも露知らずに、毎日一馬に無茶なことを強いります。

「鬼嫁日記」は笑って泣くこともできるホームコメディドラマです。

シロダマ
シロダマ

第一話の一馬が安い肉屋の肉を高い肉屋の紙袋に入れて偽装するのは笑ったなぁ~

「鬼嫁日記」を観るなら

「鬼嫁日記」を配信しているサービスは数多くありますが、個人的におすすめなのはHuluです。

理由としては、月額1000円で比較的安いことと知名度が高く利用者も多いことが挙げられます。

また、二週間無料トライアルというものがあるので、14日間は無料で「鬼嫁日記」及びその他の作品も視聴することができます。

14日目に解約すれば、完全タダであり、違約金も一切発生しません。

これはHuluがおすすめしているやり方なので安全であり、解約してもまた何度でも入会できるのでその辺は心配いりません。

シロダマ
シロダマ

Hulu側としては一度サービスを体験してもらいたいんだね!

下記からHulu二週間無料トライアルに飛べるよ!

「鬼嫁日記」に関してのネットの声

ゴリ演技うま

このドラマ観て生涯独身でいようと思った

結婚してからこんな嫁に変貌したら離婚する

これアットホームダットやんけw

似すぎ

これ大好きです!

色々な意見がありましたね。

ゴリさんは芸人ながら演技上手かったですし、観月ありささんも鬼嫁がはまり役でした。

また、「アットホームダッド」という阿部寛さん主演のドラマに似ているという声もありましたが、脚本家やロケ地が同じで、キャストも一部被っていたので似ているという声があったんでしょう。

ちなみに「アットホームダット」も「鬼嫁日記」同様にHuluで観ることができます。

今日のまとめ

今回は、ドラマ「鬼嫁日記」について紹介しましたが、いかがだったでしょうか?

16年前のドラマですが、2021年の現在に視聴しても特に何も違和感を感じることないですし、携帯がガラケーといったところくらいですかね。

今の時代とさほど変わらないので当時生まれていない人が観ても普通に共感できたりするドラマだと感じます!

気になる方は試しに一話だけでもどういったドラマなのか実際に観てみることをおすすめします。

それでは今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

良かったら他の記事も読んで頂けると嬉しいです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました